LEGOブロックで考える身近なSDGs #2

パートナーシップを結ぼう!

LEGOブロックで考える身近なSDGs #2

―具体的な取り組みやビジネスにつながるヒントが見つかる―

【プログラム紹介】

SDGsは、2015年9月の国連サミットで採択された「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」で、国連加盟193か国が2030年までに達成するために掲げた目標です。

日本ではまだ認知度が低いですが、教育・ビジネスで確実に取り組みが広がり、今後ますます重要なトピックスになります。「誰ひとり取り残されない世界」の実現は遠い世界の取り組みのようですが、身近にも確実に「取り残されている人」は存在しています。

本プログラムは、SDGsを身近な課題と結び付け、LEGOブロックを使って、楽しくチームで解決策を考えるプログラムです。チームでの取り組みを通して、SDGs「17.パートナーシップ」を築くきかっけにもしたいと考えます。

ワークショップでは、SDGsの概要を学ぶだけではなく、LEGOブロックを通して身近な課題を見える化し、2030年のあるべき世界を考えます。その後、身近な課題の解決策をチームで考えます.。LEGOⓇSRIOUS PLAYⓇのメソッドを活用し、深い対話と全員がオーナーシップを持った参加ができます。さまざまな参加者から多様な視点を得ることで、一人ではなかなか出ないアイディアをチームで考え、対話を通して深めてみませんか?

・SDGsとは何か知りたい方(SDGsを知らない方)

・SDGsを知り、1歩踏み出したい方(どのように取り組むか模索中の方)

・身近なSDGsを「はたらく」や「仕事」と結び付けたい方

・LEGOを使ったつくることで思考するワークや学びに興味がある方

教育やビジネス、学生など幅広い分野の方々のご参加を想定しております。「取り残されているひと」への活動を何かしたいと考えている方はぜひご参加ください。

【概要】

日時 3月8日(金)19:00~21:30

 18:45受付開始

会場 国立オリンピック記念青少年総合センター (予定)

   ※詳細は決まり次第ご連絡いたします

住所 〒151-0052 東京都渋谷区代々木神薗町3番1号

経路 https://nyc.niye.go.jp/train/

【定員・費用】

定員 20名

費用 学生:1,000円

社会人:2,000円

【申し込み】

申し込みフォーム

https://goo.gl/forms/cWy3AuP9GJQ2qY012

【企画・ファシリテーター】

山本享(やまもとあきら)

(ゆめおいCAFÉ/私立中高教員/LEGOⓇ SERIOUS PLAYⓇ認定ファシリテーター)